postheadericon インプラントを知る

治療後の子供

最近、インプラントでの矯正を耳にする事が増えてきています。
インプラントとは従来の矯正治療では不可能だった歯の移動が可能になり治療期間の短縮となる事がポイントです。
インプラントを固定源とすることで、確実な歯の移動が行えるようになります。
インプラントのために手術が必要で、治療費が高額です。
また、虫歯があったり歯周病があったりする場合は始める前に治療を終えておく必要があります。
何本が歯を抜く必要があることもあります。
矯正中も基本的に虫歯になりやすく、歯のケアをよく行わなければならなく、矯正によっては歯根吸収が起こってしまうことがあります。
よく矯正歯科に相談してからしましょう。

postheadericon インビザラインを知る

レントゲンを見る医師たち

インビザラインはマウスピースを使用して歯並びを矯正する方法の1つです。
歯型に合わせて作った透明な板のアライナーを自宅などクリニック外で自分で正しい順序で付け外しして矯正していく方法です。
ロボットが矯正装置を作る各進呈な矯正技術で、ロボットにより矯正器具を作ります。
自分で取り外ししながら直していくので交換など面倒な事、虫歯のリスク、アライナーができるまでの時間かかかるなど欠点もあります。
保険は効きませんので料金も高額です。
前後左右に顎がずれている場合など困難な場合もあるので矯正歯科でみてもらってください。
一般歯科医院より矯正の専門技術を学んだ矯正歯科をおすすめします。

postheadericon 歯並びの矯正とは

口腔内チェック

人の歯並びとは、一箇所に不具合を生じると、ほかの歯列にも影響を及ぼすものです。
噛む力のかかり具合が均等にならず、片方の歯が虫歯になりやすくなったり、歯が欠けてしまうことになります。
噛む力が偏ることにより肩こりや頭痛を引き起こしたり、噛み方が上手でないことにより食べ物をかみ砕けず、消化不良などの胃の病気まで引き起こすため、注意が必要です。
歯並びを正しい位置に戻すことを専門とする歯科を、矯正歯科と言います。

postheadericon 歯科治療の先進技術

歯科治療

矯正歯科の一つに、インプラントやインビザラインという技術があります。
インビザラインは、透明なプラスチック材を用いて、歯並びを正しい位置にするための器具となります。
ワイヤーなどの強い力はないため矯正中の痛みが少ない上に、見た目がよいことで、接客業などで笑顔が大切な職業の方でも安心して受けられるものとなっています。
インプラントとは、失った歯と歯の根の代わりに、金属の根を埋め込んで、人間の歯に近い材質を乗せ、合成の歯を作り出す技術のことを言います。

postheadericon 定期メンテナンスを

矯正器具を付けた男女

人間の歯は永久歯になると、失った場合にはもう二度と生えてきません。
歯の並びは少し乱れただけでも、全身に影響をおよぼすものですので、歯を失うということは重大な事態です。
インプラントとは深刻な状況を改善する、とても重要な技術となります。
今現在のところはインプラントは医療保険外となっていて、一本数十万と高額ですが、その後の健康な生活を考えた場合には、的確な投資と言えます。
大切な歯を失わないためには、普段の歯科通院で、トラブルを予防していくことが必要となります。

カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031